isMedia by SELVA

おしゃれ

みみ台湾に行く その⑥寧夏夜市で食べ歩き

みみはですね、

かなり暑さに強くタフなんです。

 

だって、朝8時にホテルを出発し、

パワースポットを巡り、

小籠包にマンゴーかき氷を堪能し、

問屋街をぶ~らぶら、

パイナップルケーキの名店に出向き

お茶をいただき、

(太字部分は後日、お話しします)

郊外までショートトリップを楽しみ、

台北駅到着が20:30だというのに、

まだここから出かけようっていうんだから。

 

しかも気温は38℃を超える猛暑日、

どこから来るのかその気力と体力、

それに勝る好奇心。

さあ、行ってみよう。

 

というわけで、

千と千尋の世界の九分から

台北に戻り、向かった先は

寧夏夜市

IMG_0111

台北駅からは700mほどの距離で

徒歩圏内。

 

台北市内にはこうした夜市が

いたるところにあり、

地元の人、観光客で毎晩、

大賑わいとか。

 

ここの夜市は日本でいうお祭りの雰囲気で

なんだか昔懐かしいゲームもあったり、

雑貨や女性用の下着に洋服、靴も

あってなんだか昭和の日本に

タイムスリップした雰囲気。

450

 

 

ものすごい人の流れについていくと、

なにやら、ぷ~~~んと

におってきます。

 

かつてひとり旅で香港に行った

記憶が蘇ってきたぞ。

これこそ、

 

臭豆腐のにおいだあ!

 

臭豆腐をご存じない方に説明すると

臭豆腐は、発酵液に浸した豆腐を

揚げたり、煮たりしたもので、

においは、

ずばり、糞便臭です。

 

が、この独特なにおいにも関わらず

ファンも多く、

一度はまると病みつきになる食べ物

らしくこれ目当てに台湾に行く人もいるとか。

 

好奇心旺盛のみみ、

食べたくてうずうず。

どの店にしようかなあ~~~~っと

考えてると、

隣りでダーリン悶絶。。。。。。。。。

 

どうやら彼はにおいでギブアップの様子。

 

OH NO!(*_*)

 

注文したくとも、

どの店も、結構な量で、みみひとりで

食べきる自信もなく、

ましてやみみが食べる様子を

はるか遠くからダーリンが見守るっていうんじゃあ、

寂しいじゃあないかあ。

なもんで、

今回、旅の目的の中で

唯一、達成できなかったのはこの臭豆腐。

みみがリベンジの旅に出ることは間違いないでしょう。

 

興味あるでしょう?

糞便臭の食べ物って。

 

臭豆腐の店の前を通り過ぎ、

向かったのは

台北夜市名物、牡蠣オムレツのお店、

賴鶏蛋蚵仔煎

 

行列が絶えない人気店です。

IMG_0102

作り方を見ていると、

牡蠣を焼き、なにやら液体を流し込み、

その上に卵を直接割入れ、

ぐちゃぐちゃっとしたらキャベツを乗せ、

途中、ひっくり返して

ピンク?オレンジ?色のソースをかけて

出来上がり。

お値段、

60元ほどでしたでしょうか。

お兄さんのきびきびとした

手さばきが見事です!

IMG_0103

見た目はB級グルメの王様な感じです。

IMG_0104

お味はどうかな?????

 

ん?

うん?

んんんんん?

 

うーん、確かにB級グルメです。

が、オムレツというよりは

片栗粉焼き?って言うんでしょうか?

謎の液体は片栗粉の水溶きだったようで、

その分量が多いです。

まずいわけじゃあないんだけど、

みみ&ダーリンの意見は二度目はないかな、

っていうもの。

でもね、なんだか楽しかったのでマルです!

ごちそうさまでした。

 

さあ、次行ってみよう。

 

台湾に来たら、やっぱり

魯肉飯(ルーローハン)と

鶏肉飯(チ~ローハン)を食べなくちゃ。

 

と向かったのは、

夜市のど真ん中の屋台。

 

魯肉飯(ルーローハン)に

鶏肉飯(チ~ローハン)、

それと青菜炒めを頼んでみました。

IMG_0106

魯肉飯は豚肉をとろとろになるまで

煮込んだそぼろ丼的な感じ。

八角のにおいが異国の感じ。

 

鶏肉飯は茹でたor蒸した鶏肉を割いて、

ごはんに乗せ、にんにくの効いた

たれをかけたもの。

 

青菜炒めは空芯菜のにんにく炒め。

 

お味はどうかなあ?????

 

うまい!

うまい!

うまーーーーい!

 

魯肉飯、鶏肉飯ともにがっつり系、

男子が大好きなわかりやすい味。

これにシンプルな青菜炒めが合う~~~

この3品で100元(330円)だというんだから

またまたびっくり!安!

 

美味しかったあ~~~~~~、

ごちそうさまでした。

 

まだまだいけるよね?っと

デザートを食べに行ったのは

夜市を出た向かいのお店、

豆花壮

IMG_0110

豆花はおそらく豆腐ですね、

絹豆腐の冷奴に

冷たいみつをかけ

トッピングを乗せた、

体に良さそうな食べ物。

 

注文はまたまた写真付きのメニューで

指さすだけ。

かなり大きな丼だったので、

ふたりで一つ注文。

冷たい豆花に

冷たいみつをチョイス(温かいものも選べる)

トッピングには

一番人気のピーナッツと小豆の煮たもの。

IMG_0108

いただきます。(って、何度だって?笑)

 

ひゃ、

 

おいしい~(*‘∀‘)

 

濃い目の味のごはんの後に

優しい味の豆花が

めっちゃ合う~~~~~~

 

あっという間に完食。

次回はひとり、ひとつづつにしよう、

と決意を固め、

もうちょい何か食べたいなという誘惑に

駆られながら

夜市を後にし、

今夜はこのくらいにしとこうかと徒歩で

ホテルに戻ったスーパータフ夫婦、

みみ&ダーリンなのでした。

 

ホテルに到着したみみに異変。

 

一日中、歩き回ったスニーカーを脱ぎ、

靴下を脱ぐと、

足の甲が、まさかの

 

あせも(ToT)

 

普段、汗をかかないみみが

あせもになるほど暑い日だった

という証拠です。とほほほ・・・・・

 

さて、次回の台湾旅行記は

頼れるものはなんだって頼ります、

大学合格祈願に向かう、という話です。

またまた優しい台湾の人の笑顔に

出会いました。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_3129
IMG_1733

Editors

みみ

みみ

Hello I'm Mimi!

大好きな仙台を離れ埼玉小江戸川越に

住まいを移すもセルバ愛は相変わらず。

トンビが鷹を生んだ?

東大生の息子とダーリンと

元気いっぱい、夢いっぱいの

日々を送るみみ。

大好きな英語の勉強、海外旅行、お料理、お買い物、映画鑑賞、コーヒー・・・・

小さな体に有り余る好奇心はどこへ向かっていくのやら。

心の扉はいつも全開!『open mind』

それこそがみみ

よっしゃー、今日も張り切っていくぞーーー!"

記事一覧を見る

Pick Up Contentsおすすめの記事