isMedia by SELVA

お料理

あわや交通事故!高齢者の車の運転を考える

夕方、死にかけました。

 

定時退社、

朝来た道のりをてくてく歩き、

信号機のない

横断歩道を渡ろうとしたとき、

軽自動車が右折してきた。

が、みみに気づき停車。

車が止まったのを確認し、

横断歩道を渡り始めた

そのとき、

まさかの

車が発進!

 

持前の瞬発力の高さで

よけたものの、

車とみみの差はほーんの

少し。

 

恐怖に声も出ないみみに、

運転手は窓も開けずに

『ごめんね、ごめんね、

びっくりしたよね、

間違えた』と言ってのけた。

 

はあ?

 

間違えただと?

 

運転していたのは

みみ母さんよりも

はるかに年上と思しき

70代後半から80代の高齢女性。

 

『気を付けてください!』

 

大声を張り上げたものの、

自分が身をもって

体験した

高齢ドライバーが運転するという

ことの恐怖と

高齢でも運転せざるおえない

車社会の怖さを痛感した。

 

みみ父さんは80代、

母さんは70代、

軽井沢在住と言えば

聞こえはいいが、

車が無くては

生活も難しい地域に住む

両親のことが脳裏によぎる。

自分はまだまだ若い、

自分だけは大丈夫、

そういう思いが

大事故を引き起こすんだ。

 

泉中央駅から

泉パークタウンの

あちらこちらを結ぶ、

年間3000円で何度でも

利用できるパークバスの

みみはヘビーユーザー。

 

お年寄りが車を持たずしても

買い物やおでかけができる

こんな地域循環バスが

もっともっと増えれば、

これからの高齢化社会に

向けても

エコにも

いいのに、

とつくづく思った。

 

あああ、

マジ怖かったあ。

 

間違えた!ってなにを?

 

さて、

気を取り直して・・・・・

 

今朝の朝食は

わんぱくサンド。

dwmcpwcv4aa0ysi

SNSにアップしたら

案外評判がよかったので、

作り方を伝授。

 

大沼道行さんの

沼サンドのレタス版と

いったところでしょうか。

 

6枚切りの食パンを2枚

トーストし、

山盛りのレタス、

両面焼いた目玉焼き、

キャロットラぺ、

トマト

その上から

またまたレタスに

マヨネーズを

サンド。

 

野菜モリモリわんぱくサンド、

具のひとつは

酸味のあるものを入れると

アクセントになってうまい!

 

目玉焼きは

優しく優しく両面焼きし、

まだ早いかな?というところで

火を止めて黄身を半熟に

するのが好み。

 

具をサンドしたら

思い切りよく、

ザクッと切ると

案外崩れない。

 

大きな口を開けて

わんぱくに食べよう。

美味しいよ、

お試しあれ!

 

 

 

 

 

DSC_2497
20180222_075303.JPG

Editors

みみ

みみ

Hello I'm Mimi!

大好きな仙台を離れ埼玉小江戸川越に

住まいを移すもセルバ愛は相変わらず。

トンビが鷹を生んだ?

東大生の息子とダーリンと

元気いっぱい、夢いっぱいの

日々を送るみみ。

大好きな英語の勉強、海外旅行、お料理、お買い物、映画鑑賞、コーヒー・・・・

小さな体に有り余る好奇心はどこへ向かっていくのやら。

心の扉はいつも全開!『open mind』

それこそがみみ

よっしゃー、今日も張り切っていくぞーーー!"

記事一覧を見る

Pick Up Contentsおすすめの記事