isMedia by SELVA

お料理

グルメ

コラム

みみ台湾に行く 最終回 激うま炸醤麺に感涙!

みみ&ダーリンの

短い3泊4日の台湾の旅も

最終日。

 

昼過ぎの飛行機で仙台に帰ると

なると最後の台湾でのごはんは

あさごはん。

さあ、思い残すことなく

美味しいものを食べよう。

 

と向かったのは

ホテルから徒歩数分の

問屋街にある

汁ビーフンのお店

img_0281

こちら、

朝食の時間のみの営業で

地元の人たちが

ひっきりなしに訪れる人気店。

 

身振り手振りで

オーダーし、

地元の人たちと同じテーブルを

囲む。

 

あっという間にやってきた

汁ビーフンは

かじきから取った出汁が

出まくり、

煮込んでいるというのに

ビーフンは柔らかすぎず

硬すぎずちょうどいい硬さ、

スープの

塩加減もバッチグーだ。

img_0278

うみゃ~~い

 

豚肉をカリカリに揚げたものに

生姜の千切りと醤油ベースのあんが

かかったおかずもうまい。

いい店だあ。

⇩この看板が目印⇩

img_0279

img_0280

 

もう、たまらないね、

台湾、本当にグルメ天国。

 

もう1杯お代わりしたい

ところをぐっとこらえて、

ホテルの朝食会場で

フルーツをコーヒーをいただき、

 

どうする?

まだいけるよね?

 

と、みみ&ダーリン、

タクシーに乗り込み、

みみが旅行前から

ものすごく楽しみにしていた

炸醤麺(ジャージャー麺)の

お店に向かった。

 

そのお店は

薄暗い市場の中にある、

老牌牛肉拉麺大王

img_0284

img_0294

img_0288

到着すると、

あれあれあれれれ????

 

開店前?????

img_0287

強面のおじさんたちが

せっせと仕込みと開店準備の

真っ最中。

img_0285

img_0286

img_0289

Oh Noooooooooo

ここまで来て食べられないの?

 

引き下がるわけにも

あきらめるわけにもいかず、

店主と思われる

親方に直談判。

 

もちろん、

英語も日本語も通じない親方に

またまた身振り手振りで

懇願すると、

みみの思いが通じ、

特別に作ってくれることに。

img_0293

おまちかねの炸醤麺に

トイレットペーパー(笑)

うまそうだあ~~~

麺は日本でいうところのうどん、

肉みそがいっぱいかかってる。

ではでは、

親方、いただかせていただきます

 

ん?

 

うんまい!

 

最高です!親方!

うまいうまいっす~~~~~

弟子入りさせておくんなせえ。

 

感涙にまたまたむせぶみみに

気づくわけもなく

親方はせっせと開店準備に

励むのでした。

 

炸醤麺、

がっつりにんにく効いてます。

マジ、うまいっす。

最高っす。

お値段は180円ほど。

来る価値あり!

絶対あり!超オススメ!

お店の外観、内装、

気にしないで食べましょう。

めっちゃ、うまいっす。

 

思いのほかホテルから

近かった炸醤麺の名店。

ホテルに歩いて戻り、

チェックアウトし、

なごり惜しい気持ち

たっぷりお土産に

帰路についた

みみ&ダーリンなのでした。

 

 

1ヶ月に渡り

お届けした

みみ台湾旅行記も

今回が最終回。

 

昨年に引き続き、またまた

台湾の人に

大変お世話になり、

感謝感謝。

 

この旅行記であなたが

台湾に興味を持ってもらえたら

あなたの旅の参考にして

もらえれば幸いです。

 

また行こう。

次はどんな美味しいものに

出会えるかな?

どんな人との出会いがあるかな?

楽しみ楽しみ。

 

帰りの飛行機から

見えた夕焼けが

きれいでした。

img_0305

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_2740
img_5835

Editors

みみ

みみ

Hello I'm Mimi!

大好きな仙台を離れ埼玉小江戸川越に

住まいを移すもセルバ愛は相変わらず。

トンビが鷹を生んだ?

東大生の息子とダーリンと

元気いっぱい、夢いっぱいの

日々を送るみみ。

大好きな英語の勉強、海外旅行、お料理、お買い物、映画鑑賞、コーヒー・・・・

小さな体に有り余る好奇心はどこへ向かっていくのやら。

心の扉はいつも全開!『open mind』

それこそがみみ

よっしゃー、今日も張り切っていくぞーーー!"

記事一覧を見る

Pick Up Contentsおすすめの記事