isMedia by SELVA

お料理

グルメ

コラム

みみ台湾に行く その⑬臭豆腐は本当に臭いのか?うまいのか?

ガチョウ料理を堪能し、

行天宮にも商売繁盛を

お願いしたし、

今回の旅の目的は

すべて果たした。

 

いや、

 

まだ終わってないぞ!

 

と、地下鉄に乗り、

向かった先は、

ネットで話題の

最強マンゴーかき氷のお店

冰果天堂

 

白を基調にした

シンプルなインテリアが

素敵なカフェで、

マンゴーかき氷と

パイナップルジュースを注文。

img_0250

おおおおおおお!!!!!

 

この旅、初の

この旅、唯一の

インスタ映え!

 

フォトジェニックな

かき氷をパチリ。

 

お味はどう?

 

美味しい。

けれど、

みみ&ダーリンの

殿堂入りかき氷屋さん、

には遠く及ばず。

 

いや、しかし、

かなりうまい!

 

場所は、台湾国立図書館の

真ん前。

img_0255

img_0249

 

図書館は

大きな公園の中に位置しており、

満腹のおなかを抱えて、散歩するには

もってこい。

 

なにやら撮影をしていました。

img_0253

 

この後、

前回の旅でも行った

北投温泉で旅の疲れを

ほぐし、

またまた地下鉄に乗り、

次なる目的地、

通化街夜市の近くにある

小籠包のお店、

正好鮮肉小籠湯包へ。

img_0267

img_0266

 

いやあああああああ、

ここの小籠包、

img_0262

激うま!

 

台湾東部の名物、

ネギが入った小籠包は

ひとくちかむと、

おおおおおおお、

肉汁があふれ出し、

嘘だろう?ってほど。

img_0265

メニューは

小籠包と酸辣湯のみという

いたってシンプル、

そして激安!

小籠包8個で100元(370円)

 

台北にまたひとつ

好きなお店ができました。

超オススメ!

 

まだまだ入るよね、

と夜市に戻り、

行列に並び、

焼き小籠包(下画像右)をゲット。

見た目はいまいちでも

これまた激うま!

img_0269

img_0270

 

デザートは別腹、

とイタリア人オーナー手作りの

パンナコッタを

食べ歩き。

これまた、うまうま!

この看板が目印⇩⇩⇩

img_0271

 

台湾、

本当やばいっす。

ダイエット中の人は

行かないほうがいいです。

グルメ天国!

パラダイス!

 

さあ、ホテルに戻ろうか、

と地下鉄に乗り、

心残りはないかと

考えてみたら、

あったあった!

 

みみの最大の目的を

達成していなかったことに

気づく。

 

昨年、あまりの臭さに

ダーリンが逃げ出した

糞便臭の臭豆腐。

あれを食べていなかった!

 

ひるむダーリンを横目に

チャレンジャーみみ、

次なる夜市に向かい、

よっしゃーーーーー、

実食。

img_0274

img_0275

ふむふむふむ、

 

夜店の前を通るときほどの

悪臭(失礼)は

調理されたものからは

してこない。

(いや、少しはするが)

 

揚げた臭豆腐に

キャベツのキムチみたいな

漬物が乗り、

あっさりとした

たれがかかったこちらの

臭豆腐。

 

さあ、意を決して

食べてみよう。

 

みみ&ダーリン、

臭豆腐初体験

 

感想は?

 

みみ『うまい!』

 

ダーリン『食べられなくはない』

 

ふたりの臭豆腐への

思いには

温度差があったものの、

こりゃあ、はまるわ。

臭豆腐。

臭うまいって言うんでしょうか?

確かに食べると

牛舎の匂いがお口いっぱいに

広がります。が、

うまいっす!

ぜひぜひ台湾に行ったなら

試してほしい1品です。

 

まじ、臭いから(笑)

 

でも、うまいから(笑)

 

ずいぶん歩いた、

食べた、

疲れた。

ホテルに戻り

お風呂に入り就寝。

 

となるはずが・・・・・

となるはずもなく・・・

 

お風呂に入り、

まだ入るよね?

と、もう一度、服に着替え、

夜の街に繰り出した

どこまでもタフ、

呆れるほどの体力を

いかんなく発揮する

みみ&ダーリンなのでした。

img_5810
img_2429.jpg

Editors

みみ

みみ

Hello I'm Mimi!

大好きな仙台を離れ埼玉小江戸川越に

住まいを移すもセルバ愛は相変わらず。

トンビが鷹を生んだ?

東大生の息子とダーリンと

元気いっぱい、夢いっぱいの

日々を送るみみ。

大好きな英語の勉強、海外旅行、お料理、お買い物、映画鑑賞、コーヒー・・・・

小さな体に有り余る好奇心はどこへ向かっていくのやら。

心の扉はいつも全開!『open mind』

それこそがみみ

よっしゃー、今日も張り切っていくぞーーー!"

記事一覧を見る

Pick Up Contentsおすすめの記事