isMedia by SELVA

お料理

父さんの大根

連休明け火曜日。

 

職場では、

イギリスから届いた

かわいい子供服たちが

早く~アイロンかけて~と

みみをお出迎え。

 

はいはい、

やりますやります、

やりますとも。

朝から夕方まで

アイロンがけ。

 

ふう・・・・・・

 

ひと息つこう。

肩コリコリ。

 

まったくね、

器用貧乏って言うんでしょうか、

何でも屋って言うんでしょうか、

みみ、

なんでもやります。

 

ある時には

展示会の大道具のお城を作ったり、

商品につけるタグもみみ作、

ミシンがけもするし、

力仕事もするし、

パソコンの仕事もするし、

出張にも行くし・・・・

ありがたい、

いろいろやらせてもらえて。

社長に感謝。

と常に前向き、プラス思考。

 

なんでもやります、

やらせてください、

なんでも屋みみ。

誰に似たのかって、

父さんそっくり。

 

60歳の定年までは

東京の都バスの運転手だった

父さんは、老後を

ひょんなことから

軽井沢で過ごすことになり、

ひょんなことから、

別荘管理の仕事に就いたが、

頼まれれば九州までも

長距離トラックで配送の

仕事もするし、

頼まれれば、

庭師の仕事もするし、

雪かきもする、

なんでも屋。

 

その父さんがここ最近、

はまっているのが

野菜作り。

 

畑を借りて

せっせと野菜を作っては、

娘宅に送ってくる。

 

夏にはきゅうり、

じゃがいも、

とうもろこし。

秋になったら、

大根を送ってきた。

 

白くすっくり伸びた

みみの足のような

美しい大根。

こっくり煮ようかな、

と黒豚と煮物に。

img_4488

豚肉はブロックで買い求め、

表面をゴマ油でこんがりするまで

焼いて、

水、日本酒で柔らかくなるまで

茹でたら、

ひと口大に切り、

下茹でした大根と一緒に

黒砂糖と醤油でこっくり

煮込んだ。

 

ル・クルーゼで炊いたご飯は

つやつやピカピカ。

そのごはんにこってり味の

豚肉と大根が合うって。

感涙(T_T)

 

父さんの大根は

甘く、八百屋さんで買ったものより

ジューシーで美味しかった。

 

何でも屋父さん、

見習わなきゃな。

これは嫌、

あれも嫌、

そんなこと言ってないで、

明日も自分に与えられたことを

いや、それ以上に

なんでもやろう。

だって、みみ、

二代目何でも屋だからね。

 

大根と一緒に宅配便に

入っていたのは、

母さんの手編みのバッグ。

img_5675

TVのリモコンと

おかしを入れて、

ソファーに置いてね。

って、メッセージ付き

おかし付き。

 

父さん、母さんの優しい気持ちに

またまたほっこり。

いくつになっても娘に

変わらぬ愛情を注いでくれるふたりに

感謝。

いつもありがとう。

 

img_20171010_170351

次なるPOP UP SHOP用、

みみちゃん、お衣装。

裾がかわいいのよ。

って、

ワンピにペチコート姿、

ついに仙台でさらしちゃうわけで。

くうううう・・・・(泣)

 

 

 

img_2322-1.jpg
img_1633

Editors

みみ

みみ

Hello I'm Mimi!

高校生のセルバっ子の息子と、埼玉に一人暮らしの最愛のダーリン、

ゆかいな友人たちと楽しい同僚に囲まれ元気いっぱい、夢いっぱいの

日々を送るみみ。

大好きな英語の勉強、海外旅行、お料理、お買い物、映画鑑賞、コーヒー・・・・

小さな体に有り余る好奇心はどこへ向かっていくのやら。

夢は大きく

『2020年故郷での東京オリンピックで通訳としてボランティアをすること』

実現に向けて前に進もう!!

心の扉はいつも全開!『open mind』

それこそがみみ

よっしゃー、今日も張り切っていくぞーーー!"

記事一覧を見る