isMedia by SELVA

お料理

セルバテラス北辰鮨のランチレポート!

はい、ここで問題です。

『お寿司屋さんが得意なスポーツって

なあに?』

Thinking time start!

 

今日はダーリンとふたりお休み。

ブログのネタ作りに

セルバテラスにランチ行こう、

とエディターみみの

誘いに二つ返事の彼。

 

12時ちょい過ぎにセルバテラスに

到着すると、

行列のできている店あり、

すぐに入店可能な店ありの

混雑状況。

 

今日のランチはなににする?

彼のお目当ては

もちのろん、

お寿司!

 

そう、ダーリンは

なに食べたーい?

って聞くと、

100%、いんにゃ200%の確率で

寿司と答えるのです。

 

実はお寿司が苦手なみみ、

(というか、米が苦手)

しかしながら、

鮨屋は大好き。

長年、東京のど真ん中、

銀座の寿司屋で働いていたみみに

とって、回転寿司でない、

鮨屋に興味深々。

 

セルバテラス開業時から

人気の北辰鮨の行列に

並ぶこと10分。

 

テーブル席に案内され、

ランチメニューの

鮨握り 880円と

おまかせ握り(上)1.600円を注文。

 

店内はもちろん満席ながら

ものの数分の料理提供時間。

514

寿司ゲタに盛られた

美しい寿司は両メニューともに

ピンマル、

おっと失礼、寿司屋用語で10、

10貫。

(手前が880円のにぎり)

 

一目散に食べたいと

訴えるダーリンの目に

圧力をかけられながら、

写真をぱちり。

 

さあ、いただきましょう。

どれから食べようかなあ・・・・・

思わず迷い箸。

 

ネタの大きさに比べ、

シャリは小さ目。

こりゃあ、女性にウケそう。

男性にはもう少し大きくても

いいかな。

 

ネタはどれも美味しく、

特に炙りサーモン、塩味ついてます、

これ、美味しかった。

光物好きダーリンは

鰯が美味かったっと。

それと、ほたてが甘くて

めちゃうまだったそうです。

 

気軽に女性おひとりさまでも

入りやすい店内で

スタッフの元気な声が響き、

また来ようねって

思わせるお店でした。

 

しかしながら、

やはり、

寿司はカウンターでいただかなくちゃ。

だってね、

寿司は板前との会話を楽しみ、

寿司を握る板前の

所作の美しさも

楽しまなくちゃ。

 

いい寿司屋、

悪い寿司屋、

この見極めは

板前の前掛け、

これが白く清潔であるってこと。

 

くくくくくく・・・・・

北辰鮨、

エディターみみが

自称覆面鮨屋調査員であることを

まだ知る由もないのであった。

 

次回は、ぜひともカウンターで。

大好きな小肌から

いただきましょう。

 

『なにから握りやしょ?

手から握りましょうか?』

 

こんな軽口を叩けたら

はなまるあげちゃいます(笑)

 

ここで、

冒頭の問題の答え、

答えは・・・・・・・

テニス

手に酢、

お後がよろしいようで・・・・・

 

お手塩皿もかわいい。

515

エディターおかいものさんの

北辰鮨レポートはこちら

 

 

 

 

wp-image-1660274939jpg.jpg
img_0002-1.jpg

Editors

みみ

みみ

Hello I'm Mimi!

大好きな仙台を離れ埼玉小江戸川越に

住まいを移すもセルバ愛は相変わらず。

トンビが鷹を生んだ?

東大生の息子とダーリンと

元気いっぱい、夢いっぱいの

日々を送るみみ。

大好きな英語の勉強、海外旅行、お料理、お買い物、映画鑑賞、コーヒー・・・・

小さな体に有り余る好奇心はどこへ向かっていくのやら。

心の扉はいつも全開!『open mind』

それこそがみみ

よっしゃー、今日も張り切っていくぞーーー!"

記事一覧を見る

Pick Up Contentsおすすめの記事