isMedia by SELVA

コラム

『東大入学式』がトレンド入りした理由

金曜日、

冬のような寒さの中、

この日を待ってくれていたように

桜の花が咲く

東京北の丸公園内、

日本武道館で東京大学入学式が

行われた。

403e9686-1986-4522-a19c-9560c6cd4945

 

8f965d23-7c27-4c92-bf07-3da5bf7e7af1

武道館いっぱいに人で埋め尽くされた

会場でつつがなく式は進み、

祝辞の最期に登場したのは

東大名誉教授で

日本を代表するフェミニストの

上野千鶴子氏。

 

こののち、

この祝辞がTwitterトレンド入り、

世間で物議を醸しだすことに

なったわけです。

以下、東大HPから抜粋して

紹介します。

 

『あなたたちはがんばれば報われる、

と思ってここまで来たはずです。

がんばってもそれが公正に報われない

社会があなたたちを待っています。

そしてがんばったら報われると

あなたがたが思えることそのものが、

あなたがたの努力の成果ではなく、

環境のおかげだったこと

忘れないようにしてください。

あなたたちが

今日「がんばったら報われる」と思えるのは、

これまであなたたちの周囲の環境が、

あなたたちを励まし、背を押し、

手を持ってひきあげ、

やりとげたことを評価して

ほめてくれたからこそです。

世の中には、がんばっても報われないひと、

がんばろうにもがんばれないひと、

がんばりすぎて心と体を

こわしたひと…たちがいます。

がんばる前から、

「しょせんおまえなんか」

「どうせわたしなんて」と

がんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。』

 

あなたたちのがんばりを、

どうぞ自分が勝ち抜くためだけに

使わないでください。

恵まれた環境と恵まれた能力とを、

恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、

そういうひとびとを助けるために使ってください。』

 

入学式にこれを聞いた

新入生、その親たちは

どう思っただろう?

賛否両論があるようだが、

自分としては

本当におっしゃる通りで

今、ある自分が自分の努力だけで

得た結果でなく、

いろんな人の支えや応援があって

ここまでこれたことを

忘れることなく、

これからの大学生活4年間が

実り多いものになるように

努力し続けることが

責務だと息子にはそう感じてほしい。

 

なぜなら、

東大生ひとりに年間使われる国費は

500万円。

日本国民のみんなが汗水垂らして

働いて納めてくれた税金で

学ばせてもらっているのだから、

ああ、みみ息子に税金使ってもらって

よかったとみんなに思って

もらえるよう、

これからも家庭という

基礎となる環境を整え

サポートしていくことを

誓った入学式となりました。

 

上野千鶴子氏の祝辞、

東大HPに全文掲載されています。

ぜじぜひ、ご一読ください。

そしてあなたはどう思いますか?

祝辞はこちら

 

 

孫の晴れ姿を一目見ようと

新幹線に乗り駆けつけた

みみ両親に妹。

大喜びの父さんに

よい冥土の土産を

持たせてあげられたと思ったが、

あなたの自慢の孫が活躍する姿を

見るまでは生きていてもらいますよ。

77d2507e-b16c-44af-bc87-45c321d09ef5

img_2768
DSC_2169.JPG

Editors

みみ

みみ

Hello I'm Mimi!

大好きな仙台を離れ埼玉小江戸川越に

住まいを移すもセルバ愛は相変わらず。

トンビが鷹を生んだ?

東大生の息子とダーリンと

元気いっぱい、夢いっぱいの

日々を送るみみ。

大好きな英語の勉強、海外旅行、お料理、お買い物、映画鑑賞、コーヒー・・・・

小さな体に有り余る好奇心はどこへ向かっていくのやら。

心の扉はいつも全開!『open mind』

それこそがみみ

よっしゃー、今日も張り切っていくぞーーー!"

記事一覧を見る

Pick Up Contentsおすすめの記事