isMedia by SELVA

コラム

ペット

文鳥・ケージレイアウト(脚弱)

こんにちは、ぴょろです~。

 

お次は我が家のかわいいかわいいい
文鳥のさくらちゃんのケージの紹介です( *´艸`)
4歳の乙女のお部屋ですぞ、うふふ♡
39da63ca-b02d-429f-9e8a-80ab91f2ba47
 
71147a73-fb2d-413a-b1bd-a70edd308865
 
 
さくらちゃんはペットショップ出身ですが、
文鳥にありがちな“生まれつき脚が広がってしまう状態”でした。
この疾患は『ペローシス』と言います。
生まれてすぐに矯正する機会がなかったので今でも広がりがちです。
 
4ffcd061-5689-456a-9271-46662f0977dc
0ce70dde-8df2-420b-97ff-9f8d8fc7c40b
695b0adf-c1bb-4f78-8e1b-072f44f001cc
 
3枚目の写真のL字型?の止まり木は真ん中に陶器の器がついています。
ヒーターの上にどうしても乗ってしまう子のやけど防止に
器を外してヒーター上に設置するのも有効ですよ!(^^)!
 
 
うちに迎えてから特訓したので生活には支障ありません(^_-)-☆
それでもケージの中はかいぬしが工夫してあげる必要があります。
これはペットバードですから責任もってこちらがしてあげないといけない事ですね。
 
ヒーターの上の丸い止まり木がお気に入りのさくらちゃん♪
80ea21d9-5e7f-43a4-b683-e2dd3c2e5bcb
 
このようにポンちゃん同様、自着タイプのテープを滑りそうなところや
長時間いるところの止まり木に巻いています。

b76ec6bd-461c-4d6c-be40-9c4bed0a025a
d696cbd9-8fbd-4d10-be7e-3164dc38bc20

Editors

アニマル番長ぴょろ

アニマル番長ぴょろ

初めまして、アニマル番長ぴょろです!

東北に移り住んで12年目、なぜか関西DNAが組み込まれたアラフォーです。

今は猫6ニャン・鳥6ピヨのママとして真剣に.時に悩みながら

毎日楽しくお世話をしています。

言葉の通じない『小さな宝物たち』の伝えたいことを、

少しでも多くの方に知ってもらえるように頑張ります!

バードライフアドバイザー3級、日本愛玩動物協会・協会会員、

ロイヤルカナン・ヘルス ニュートリション スペシャリステ

記事一覧を見る

Pick Up Contentsおすすめの記事