isMedia by SELVA

コラム

ペット

インコ・ケージレイアウト(脚弱)

こんにちは、ぴょろです!

今月は小鳥のクリニックの待合室でリクエストのあった
『ケージレイアウト』を中心にお送りします♪
 
 
まずは我が家の長男インコ、ポンちゃん(ジャンボセキセイ・6歳7か月・オス)
この子は以前の記事で紹介した通り、2年間お店にいて運動する機会がなかったせいか
片足の力が少し弱く、一時期は足裏に『趾瘤症』(しりゅうしょう)が出来てしまいました。
もっとも、趾瘤症の原因が脚弱だと気づくまでには1年かかりました。
 
なので若い時に足の力のバランスがよくないよ~とわかるとラッキーですね(^_-)-☆
 
 
さて!
そんなポンちゃんのおうち(ケージ)です。
 
ef3db7d1-a4b2-4ac6-8388-56c0b19cf50f

354f85fc-e102-4d68-b55e-5cb46ef6a0d5
 
正面から見た様子。
ケージはHOEI465パラキート。
 
ポンちゃんは片足だけ掴む力が弱いので、細い止まり木ではなく
ストン!と降りられる太めの木やステージを設置しています。
 
あと、動きやすい『止まり木メリー』という商品名の段になっているタイプのものも使っています。
 
そして脚弱さんにはおなじみの【自着タイプの包帯】を各所に巻いています。
 
ヒーターの上に設置している丸い形の止まり木には
タコ糸を巻いています。
タコ糸を巻くときは隙間ができないように丁寧に巻いてくださいね。
そうしないと爪をひっかけてケガのもとになってしまいます。
 
【自着タイプの包帯】については別記事でご紹介しますね。
 

75bc7ba6-60f0-493b-a8ca-6c5b6b3f2a24
876376c3-0f72-4863-8367-749d70713487
 
ご質問等は私のツイッターアカウント(アニマル番長ぴょろで検索)かセルバインフォメーションにラブレターをくださいね♪

39da63ca-b02d-429f-9e8a-80ab91f2ba47
img_2740

Editors

アニマル番長ぴょろ

アニマル番長ぴょろ

初めまして、アニマル番長ぴょろです!

東北に移り住んで12年目、なぜか関西DNAが組み込まれたアラフォーです。

今は猫6ニャン・鳥6ピヨのママとして真剣に.時に悩みながら

毎日楽しくお世話をしています。

言葉の通じない『小さな宝物たち』の伝えたいことを、

少しでも多くの方に知ってもらえるように頑張ります!

バードライフアドバイザー3級、日本愛玩動物協会・協会会員、

ロイヤルカナン・ヘルス ニュートリション スペシャリステ

記事一覧を見る

Pick Up Contentsおすすめの記事